途中からブログのドメインを独自ドメインに変更するのはどうなのか??

 

独自ドメインとは

 

 こんにちは!みずねこです。

 

 実は私は二つのブログを運営しているのだけど、独自ドメインに変更するかどうかについて悩んでいる。分からない方のために少し説明しておくと、ドメインとはネット上の住所や電話番号みたいなもので、英数文字の組み合わせによってサイトの位置を特定するものだ。要するに「●●.comや●●.jp」等を想像すると分かり易い。

 では「独自ドメイン」とは何なの?ということになるが、これはまさに「●●.comや●●.jp」等、個人または法人で取得するドメインのこと。独自ドメインがあるということは「独自ではないドメイン」は何?ということになるが、これはブログサービスの時に無料でもらえるブログ会社が持っているドメインだ。通常はブログを解約しない限り永久に無料で使える。

 

「独自ドメイン」で検索すると独自ドメインのメリットばかり

 

 「ですよねー!」私もついこの前まではそう思っていたのだ。しかし、去年占い師からブログの運営は完全に独立してやるべきという話を聞いたのだ。因みに、その結果作ったのがこのサイトなのだ。それはともかく言われるままにやってみた本ブログ、正直、開店休業状態で以前のブログをひたすら更新し続けるという状態になってしまった。

 このブログを開設するにあたり総費用は16000円程度はかかったと思う。残念ながらこの費用は完全に無駄になってしまった訳だ。ただ、何でも経験には学びがあるもので、これによって逆に大手ブログサービスに居続けるメリットというものも分かったのだ。これを経験から逆説的に説明してみよう。

 つまりは私は独自ドメインを取得し、ワードプレスにブログを移行した(このブログはワードプレスで作っている)。もちろん旧ブログから誘導はしたが、最初の一週間は訪問者はほとんど二桁。その後も記事を更新し続けたがほとんど変わることはなかった。これはgoogleやらyahooやらの検索エンジンにヒットしないためでこれは正直「想定内!」であった。

 まあ、それでも誰も観ていないというのは心が折れるもので、徐々にやる気を無くしてしまい現在に至るのだった。で、更新はというと相変わらず旧ブログによって行っている。何でそんなことになったのかというと、やはり大手ブログの集客力は半端ないのだ。

 

大手ブログサービスのメリット

 

 ネットで「独自ドメイン」等と検索するとその関係のサイトが山のように出て来る。独自ドメインとブログ会社が発行するサービスドメインのメリット、デメリットを羅列したものだ。これらの結論は当然、独自ドメインの方が長期的にみて有利という結論になる。その結論は全くその通りだと思うが、大手ブログの集客力を過小評価しているような気もする。

 ところで大手ブログサービスはサーバーもドメインも無料で提供して一体何で儲けているのだろうか。当然、サーバー含め、維持費、人件費は膨大な金額になる。アメーバブログ等は荒らしコメントを人力でチェックしているといわれている。人件費だけでもすごい金額だ。これらを一切無料で提供でき、さらに利益を出せる理由は、大手ブログサービスはブログ開設者全員の記事に広告を付けているからだ。

 要するに広告収入でブログサービスは儲かるのだ。とするならばブログ開設者は多ければ多いほど良い。こうなるとブログ開設者へのサービスが充実してくるのだ。私が開設しているのはライブドアブログであるが、このブログサービスは同ブログの記事のランキングがあり、これが結構な集客力を発揮する。このランキングからブログを訪問して来る人はかなり多い。それだけでなく、人目に触れるということからまとめサイトに引用されやすくもなるのだ。有名なまとめサイトに引用されると訪問者数は突然何倍にもなったりする凄い威力なのだ。

 独自ドメインを紹介するサイトにある大手ブログサービスを使うデメリットとしては「記事が突然削除される」「突然サービスが終わる」等が挙げられているが、実際、大手で突然サービスが終わるということはまずない。この危険はむしろ独自ドメインで作ったサイトにこそありうる。独自ドメインは自己責任なのだ。記事が削除されることはあるのかもしれないが、私は15年間ブログを運営しているが削除されたことは一度もない。削除されるのは恐らく記事の内容に問題があるのだと思う。

独自ドメインのメリットはその拡張性

 

 じゃあ、諸手を挙げて大手ブログサービスのドメインを使用し続けるのがいいのかというとそれはちょっと問題なのだ。大手ブログサービスの私が考えるデメリットというのは、まず、①広告が自動的に挿入されてしまう。というのがある。前述したように大手広告サービスは自動的に広告が入ってしまう。これは本来はユーザーの利益になるはずのものであるが、一番いい一の広告をブログ会社が独占してしまうのだ。ただ、私は、これは集客してもらっている経費として考えている。

 ②拡張性がない。私が考える大手ブログサービスのデメリットはこれに尽きる。大手のブログはフォーマットが決まっているからデザインを大きく変えることが出来ない。これは長期間ブログを運営していこうと考える人にとっては結構大きな問題だ。記事数が増えてくればそれらを検索しやすいようにトップページのレイアウトを変えたい。そうすることによってアクセス数も相当上がる。しかしフォーマットが決まっているとこれはなかなか難しいのだ。長期的に考えるとやはり独自ドメインというのは魅力的なのだ。

 正直、大手ブログ会社の集客を受けつつ、独自ドメインで将来的には拡張性を手に入れるというのが一番望ましいのだが、そんなうまい方法はあるのか。。。あるのだ。多くのブログサービスでは、独自ドメインへの変更も受け付けている。これで大手ブログサービスと独自ドメインの「良いとこ取り」ができるのではないか。そう考えているのだ。

 

おわり

 

タイトルとURLをコピーしました